トップ «前の日記(2004-05-21) 最新 次の日記(2004-05-31)» 編集

sawadee!!紀行+


2004-05-22 ブダペスト到着。 [長年日記]

HUNGARYborder→BUDAPEST

久々にきれてやった。うっとうしいと聞いていたルーマニアボーダーは一瞬で終わり。ハンコをポン、だったんだけど、実はハンガリーボーダーの方がよろしくなかった。ネチネチと調べる係員。そのうえトランプのケースを破いたり、紙の束が入っているハードケースの留め具を壊したり。あまりにもひどいので、その後の荷物をひとつひとつチェックしているときに、口を挟んでみた。たとえば「それ、ノートだよ。日記。呼んでもいいけど内容は分からないよ。それ、ノート。ノートって意味は知ってる?ネタなんか入ってるわけないでしょ?つか、入るものなら入れてみろっての」「いやー、ノートを匂うなんて奇特な人ですね。すごいねキミは」「ハンガリーで働く気かって?ハンガリーにどんなビジネスチャンスがあるんだ?教えてくれよ」などなど。書いてしまうと低レベルと思われるかもしれないけれども、けっこう国境ではよくある話よね。で、乗っていたバスはというと値段をけちったため客層もよくなかった。ジプシーとかばかり。最後まで信用してよいやら、どうやら。さらには、えらく町外れのターミナルでおろされて4kmぐらい歩いていると雨。こんな国さっさと出てやる!と意気込んでいたわけです。でもね、歩きながら都市部に入ったとき。具体的には東駅からくさり橋方面に歩いているときに「ヨーロッパに来たんだな」と思った。着いた感覚がみなぎった。オレはヨーロッパにいるんだという確信が来た。あったとか、みなぎった、でなくてやってきた。そういう町並みが小雨の中、ザックを持って歩く自分を出迎えてくれた。そして再会。アフガンの半分を一緒に旅した創くん、ルーマニアのブラン城で会ったモンゴル君。長くなりそうです、ブダペスト。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
芸人 (2004-05-28 21:12)

僕はモンゴルの沙漠から帰ってきたとき、神戸港の税関で別室に連れて行かれてパンツ一丁にさせられたのですが、<br>なんかうらっちさんの日記を読んでいると、そのときの記憶が、走馬灯のように蘇ってきます。<br>そんときは、粉石けんの匂いを嗅がれたり、靴の中敷を取られて、靴の中まで手ぇ突っ込まれたり、<br>まぁ色々やられました。。<br>馬頭琴を指して、『これはなんですか?』と聴かれたので、馬の嘶きで答えてやりました。<br>再見。

かんりにん (2004-06-26 21:00)

モンゴルからなのに?さすが芸人さん。吼えましたか(にやり)