Wine Tips

WindowsバイナリをLinuxで実行する Wine のTipsが書いてあります。

Wineでシリアルポートを使うアプリを動かす場合、~/.wine/dosdevices/ディレクトリ以下にDOSデバイスのシンボリックリンクを貼ります。

たとえば/dev/ttyUSB0をWineアプリのCOM4ポートに割り当てるには以下のようにします。

$ cd ~/.wine/dosdevices/
$ ln -s /dev/ttyUSB0 com4
古い話です

Wineで初音ミク(やその他VOCALOID)を動かすとそれなりに動いて使えるのですが、ボーカロイドエディタのベロシティなどが描画されません。 それらを改善するパッチの話し。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/linux/1188316137/712

712 :login:Penguin:2008/01/03(木) 03:36:56 ID:VRJGbX14
    ポイント余ってたのでヨドバシで買ってきた
    アプリケーション名: 初音ミク体験版
    アプリケーションのバージョン: DTMマガジン1月号増刊付属のもの
    Wineのバージョン: wine-0.9.52 / ubuntu 7.04
    起動の有無: 起動可
    動作の状態: 正常動作

    動作には以下の作業が必要:

    (1) winecfgでオーディオドライバとしてAlsaを指定
    (2) scim+anthyで日本語入力するため
    [Software\\Wine\\X11 Driver] に"InputStyle"="root"を追加

    それ程使い込んだ訳じゃないけど普通に使う分には問題なさそう

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/linux/1188316137/721

721 :login:Penguin:2008/01/06(日) 16:40:09 ID:3lAKwWLr
    >>712とは別人だけど試してみた

    アプリケーション名: 初音ミク体験版
    アプリケーションのバージョン: DTMマガジン1月号増刊付属のもの
    Wineのバージョン: wine-0.9.52 (develop のsrc.rpmからrpmbuildした) / Fedora8
    起動の有無: 起動可
    動作の状態: 正常動作

    動作には以下の作業が必要:

    >>712と同じだけど、wincfgのwindowsのバージョンでXPを選ばないとインストールに失敗する

    それとこのままでは下の方にあるコントロールトラックが表示されなかったので
    ソースをいじって応急処置した。応急処置なので色はちょっと変だけど動作には
    支障ないかな

    *** wine/dlls/winex11.drv/xrender.c.org 2008-01-06 16:27:26.000000000 +0900
    --- wine/dlls/winex11.drv/xrender.c 2008-01-06 16:27:04.000000000 +0900
    ***************
    *** 1570,1575 ****
    --- 1570,1579 ----
    if (!devSrc->bitmap || GetObjectW( devSrc->bitmap->hbitmap, sizeof(dib), &dib ) != sizeof(dib))
    {
    FIXME("not a dibsection\n");
    +
    + X11DRV_BitBlt( devDst, xDst, yDst, widthDst, heightDst,
    + devSrc, xSrc, ySrc, SRCINVERT );
    +
    return FALSE;
    }

Vocaloid Editorのパッチについては、こっちのほうがいいみたい。