LTSPメモ

VirtualboxでLTSP実験環境を作る

LTSP実験環境をVirtualboxで作ったメモ。 サーバーにはワケあってUbuntu 10.04を使用。

Virtualboxの設定

Virtualboxの設定ですが、ウィザードを使ってマシン設定「ubuntu」で作ります。 ウィザードではメモリに512MBを割り当てたぐらいで特に変更点はなく作成しました。

ネットワークの設定ですがltsp-serverはNIC2枚刺しの状態にしたいので、ネッ トワークのアダプタ1と2を使い、アダプタ1を外向きのNICにし割り当てを「NAT」、 アダプタ2を内向きのNICにし割り当てを「内部ネットワーク(intnet)」に設定しました。

ubuntuの設定

インストールはDesktopを使い普通にインストールしました。

LTSPイメージの作成

$ sudo ltsp-build-image

とするとイメージが作成されます。

ネットワークの設定

ネットワークの設定はこんな感じです。

  • eth0:外側: dhcp(NATで自動設定)
  • eth1:内側: 固定IP(192.168.10.1)

eth0のほうはあまりすることがありませんが、eth1のほうはltsp-clientにdhcpでIPを配布したりするので設定が必要になります。

ethの番号が逆になってる場合は読み替えばいいのですが、付け替えたい場合は /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules に書き込まれてMACアドレスを見て適宜変更してください。

設定をするのは /etc/network/interfaces/etc/ltsp/dhcpd.conf/etc/default/dhcp3-server です。

/etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.100.1
netmask 255.255.255.0
network 192.168.100.0
broadcast 192.168.100.255
/etc/ltsp/dhcpd.conf
#
# Default LTSP dhcpd.conf config file.
#

authoritative;

subnet 192.168.100.0 netmask 255.255.255.0 {
    range 192.168.100.20 192.168.100.250;
    option domain-name "example.com";
    option domain-name-servers 192.168.100.1;
    option broadcast-address 192.168.100.255;
    option routers 192.168.100.1;
#    next-server 192.168.0.1;
#    get-lease-hostnames true;
    option subnet-mask 255.255.255.0;
    option root-path "/opt/ltsp/i386";
    if substring( option vendor-class-identifier, 0, 9 ) = "PXEClient" {
        filename "/ltsp/i386/pxelinux.0";
    } else {
        filename "/ltsp/i386/nbi.img";
    }
}
/etc/default/dhcp3-server
# Defaults for dhcp initscript
# sourced by /etc/init.d/dhcp
# installed at /etc/default/dhcp3-server by the maintainer scripts

#
# This is a POSIX shell fragment
#

# On what interfaces should the DHCP server (dhcpd) serve DHCP requests?
#	Separate multiple interfaces with spaces, e.g. "eth0 eth1".
INTERFACES="eth1"

クライアントの設定はインストールの必要もないので5分もあれば終わります。

Virtualboxの設定

ウィザードを使って設定しますが、ハードディスクは必要ないので途中のハードディスク作成はチェックを外し、作成しません。

設定の変更点ですが、「システム」起動順序の「フロッピー」「CD/DVD-ROM」「ハードディスク」のチェックはすべて外し「ネットワーク」だけにします。

メモリはウィザードデフォルトの384MBは多すぎるので64MB〜128MB程度にします。(自分は128MBにしました。)

「ネットワーク」の設定は、アダプタ1の割り当てを「内部ネットワーク(intnet)」に変更します。

LTSPクライアントの仮想画面にrdesktopなどを割り当てる

LTSPクライアントの画面はデフォルトではldm(LTSPのディスプレイマネージャ)の一つだけですが、lts.confを設定するとターミナルを複数の仮想画面に割り当てられます。

割り当てることができるターミナルは/opt/ltsp/i386/usr/share/ltsp/screen.d/(ubuntuの場合)を見ると、標準のldm以外にshell, xdmcp, telnet, startxが使えます。

lts.confに書く仮想画面の設定ですが書き方にはコツがあります。そのコツは

  • 起動時のデフォルト画面には大きなスクリーン番号を割り当てます。
  • デフォルト画面の設定は前の方に書きます。

ということで標準をldm、サブにrdesktopを割り当てるときはこのように書きます。

[default]
SCREEN_02 = ldm

RDP_OPTIONS = "-a 16 -l x"
RDP_SERVER = 192.168.0.10
SCREEN_01 = rdesktop

仮想画面の切り替えはLinuxの仮想コンソールの切り替えと同じでCtrl+Alt+Fxx(ファンクション)キーで切り替えられます。