トップ «前の日記(2006-07-22) 最新 次の日記(2006-07-24)» 編集

sawadee!!紀行+


2006-07-23 見えない戦争 [長年日記]

okurayama_yokohama

いま、見えない戦争があったとする。普段の生活で、目を凝らして霧の中を見据えようとがんばっても、見えない戦争、でも、世界の大局を占う戦争。それが、いま水面下で行われているエリトリアとソマリアの戦争である。エリトリアはソマリアへ兵を進めている。ラリベラという独自の信仰対象を持つエチオピアから激しい戦闘の末に独立したエリトリア。その痛みを知るエリトリアが兵を進めるということは、よほどの大金が入ると思って間違いない。個人サイトなので語弊を恐れずに明言すれば、カトリックとしてキリスト教の宗派を同じくするアメリカが、得意の「テロとの戦い」を明言できる相手、敵はイスラム武装主義が新盟主となったソマリアである。さすがアメリカ、レバノンとシリアに注目を引きつけながら、そこを奪いにきたか。
アホな選択肢とそれに群がるアホの群れ
地理に詳しい方ならばピンとくるだろう。ソマリアはサウジアラビアから近い位置関係にある。これってチェスでいえば、アメリカは中東にチェックメイトかけようとしてないかい?シリアやレバノンやイランを残しつつ、イエメンやオマーンなんていつでも食いつぶせる相手だとしたら、チェチェン以外のすべてを掌握しているロシアと悪の枢軸(勝手にアメリカが指定したやつらが嫌いな国)をサンドイッチにできるはずだよね?という話である。
アメリカは今問題の国を食いつぶしたら、次に手をかける占領したい国は日本かシンガポール香港なんよね。もう、この国を離れる時期にきたのかもしれない。今日はいろんな失望感を胸に、日本の未来は暗いと言い切りたい。少なくともレバノン情勢にあんな解答をする国民では、生き延びれないし、ラッキーだったとしても百姓の国は生かさず殺さず政策で生き延びちゃったってだけである。詰め将棋の理論で言えば、主権は我々にはなくなりつつある。そこをご理解いただきたい。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
yoshiya (2006-07-24 11:39)

ちなみにレバノンではカトリックが最大勢力です。<br>アメリカはそれでもイスラエルを全面支持。戦争することが目的で理由は何でもええ。宗教的な対立が理由になるときもあれば、為政者の弾圧が理由になるときもある。<br><br>「不安定の弧」の西はイスラエル、東はどこの国なのか?そう考えたら中東のことに無関心でおれるわけもないはずやねんけどね。せいぜいガソリンが高くなるぐらいのことしか考えへんのかも知れんけど。<br>北朝鮮に対する国連決議のプロセスで日本はどれほどのイニシアティブを取れたのか。悲しいことやけど、軍事力を持たない国がいくら威勢のええことを言ってもどうにもならん。<br>アメリカと中国でこんなやりとりがあったんちゃうかって思う。<br><br>ア「北朝鮮をしっかり管理できへんかったら日本が核持つかも知れんで。そうなったら困るんはアンタらやで」<br>中「それは困る。北朝鮮を説得させる時間が欲しい。日本は国連決議を急いでるけど、時間稼ぎできるか?」<br>ア「あんな奴らは俺が言ったらすぐや」<br><br>なめられたもんや。中国はアジアでの覇権を目指しているし、毛沢東が言ったとおり、アメリカとの戦争を視野に入れている。2050年までとかいう話もある。<br><br>時が熟したと中国が判断すれば、日本も台湾もすぐに支配されるやろう。中東に釘付けのアメリカは中国に勝てへんと思う。なんせ1億人の国民が死んでもかまわないと為政者が言う国や。<br><br>「不安定の弧」の東側を死守するためにアメリカは日本を舞台に死闘を演じるかも知れないし、中国と取引にでるかも知れない。どっちにしても今の日本には自らの国を守る主導権すらないということ。そして、そういう政治を国民が選択してきたということ。<br>平和は目指すとこやし、戦争には大反対やけど、戦争観のない平和論に支配されるぐらいなら正規軍が欲しい。その負担が嫌な人はアメリカにでも移住してくれ。

jun (2006-07-24 12:24)

最近香港にいって日本とはまた違う未来を見た気がしたんよね。<br>で2日しか滞在してなかったから香港人のスピリチュアルまでは<br>よくわからなかった。でも若者は海外でスキルアップしていく。<br><br>日本もそうあるべきであり、必要な日本人としての確固たる誇り<br>があればどんどん海外に出るべきだと思う。<br>それが国際化であり日本の文化が残る道だと思う。<br><br>俺らの先祖の魂は結局のところ成仏できてないんだということ。<br>だから潔く自分の道をまっすぐに進むべきだ。<br><br>ただアメリカに食い殺されるぐらいなら中国に吸収されるべきだと。<br>中国を持ち上げておいて2番手で日本の心を忘れず勤勉に頑張ればいい。<br>個人単位で。極論だけどその覚悟を自覚しないと日本は死んでしまう<br>んじゃないのかい?

Gucchi (2006-07-24 12:29)

第二次世界大戦後、主権を持っているのは戦勝国。<br>常任理事国(つまり連合軍の)5カ国が、バランスを取りながら世界を取り仕切っている。<br>悲しいかな、日本はいくら主張したところで敗戦国なんだよね。<br>そのへんがわかってない人が多いみたいだけど、日本がいくら常任理事国入りしたい!今の体制はおかしい!って言ったって、決めるのはその体制だからね。<br>まあ、無理だろうけど、北朝鮮のやり方はある意味正しい。<br>って、ああやらないと主張は出来ないからね。<br>つまり戦勝国にならない限り、主張は通らないって事。<br>戦争したい訳じゃないけどね。<br>まあ、軍隊も持たない敗戦国はお金を出して「お願いしますよ」と腰ぎんちゃくやるしかないんだよね。

uracci (2006-07-24 15:27)

まず、正直に謝ります。すんません。弱気でした。<br><br>というのも、yahoo!!アンケートで「この答えはないやろ…」と思った。<br>あのパーセンテージ、あの人数が自分のターゲットだと認識したからだ。<br>客観的に見れば見るほど、絶望感しかなかったよ。<br>自分は広告業界出身で、文章や写真やグラフィックデザインや、<br>雑誌や、そんなものもろもろで、どう情報伝搬するのか、<br>どう人が情報を得て、消化して、行動するのかを<br>いまも勉強中だけど、とにかく一定年は取り組み続けてきた。<br>おれのレベルで、日本国内の、あのターゲットのほとんどに<br>メッセージを届かせるにはどれぐらいかかるのかと。<br>おそらく何億年あってもムリじゃないか。そう感じた。<br>そしてその直感は、寝て起きた今でも正しいと思う。<br><br>もちろん、自分より名前の知れた諸先輩方が<br>いつもメッセージは発し続けている。<br>でも、周囲の雑音の中に埋もれてしまい、達していない。<br>もちろん、自分はその諸先輩方のレベルにすら及ばない。<br>どうしよう…、と考えたけど、やはりというか当然妙案が出るはずもなく<br>現実というものを突きつけられたわけだ。<br><br>とはいえ、頭を垂れて生きていくわけにもいくまい、と<br>起きたら開き直った。もう大丈夫。<br><br>***************************<br><br>3人様><br>書き込みありがとうございます。<br>とにかく、いまの日本の立場というのは、非常に脆いもので、<br>その立場を決定しているのは、「国民の自分だ」という認識からかなぁ、と。<br>あと、有事に備えて、日本の文化を世界のいたるところに<br>保存しておくことも妙案かと。<br>(なんかシオニストやらPCとHDDの関係みたいでヤだけど…)